1976-1987

全国制覇への道

1976年

昭和51~52年

チーム
  • 9月29日ブリティッシュコロンビア大学と国際親善試合に兵庫県代表チームとして参加
  • 12月5日関西Aリーグを1勝5敗でユニチカ、栗田工業と並び同率最下位で終える
    ルール改正により、ヤードからメートル表示へ
部長:浅利 明 / 監督:大前 駿二 / 主将:二階堂 洋史
1977年

昭和52~53年

チーム
部長:浅利 明 / 監督:大前 駿二 / 主将:伊藤 優
1978年

昭和53~54年

チーム
  • 8月オックスフォード大学(英)より、2選手を受け入れ
    社会人チームで初めての外国人選手誕生
  • 10月22日創部50周年記念式典を開催
部長:浅利 明 / プレイングマネージャー:二階堂 洋史
主将:中熊 道人
1979年

昭和54~55年

神戸製鋼グループ
  • 国際統一商標として「KOBELCO」ブランド制定
    溶接ロボットARCMAN™開発
チーム
部長:浅利 明 / 監督:松下 哲三
主将:中川 裕文
1980年

昭和55~56年

チーム
  • ルール改正により、トライ後のゴールを2点とし、トライ4点に加算する方式にる
部長:浅利 明 / 監督:松下 哲三
主将:安井 敏明
1981年

昭和56~57年

チーム
  • 関西Aリーグを6勝1敗の2位で終える
部長:槌本 正之 / 監督:浅利 明
主将:辻本 好四郎 / 副将:大山 文雄
1982年

昭和57~58年

チーム
部長:槌本 正之 / 総監督:浅利 明
監督:二階堂 洋史
主将:津高 誠一
1983年

昭和58~59年

神戸製鋼グループ
  • 米国Midrex社買収
チーム
  • キャプテンを互選方式で選出(新キャプテンに安積が就任)
  • 12月11日関西Aリーグ初優勝
  • 1月6日第36回全国社会人大会で、33年ぶりに準決勝進出
部長:徳田祥一 / 総監督:浅利 明
監督:二階堂 洋史
主将:安積 英樹
1984年

昭和59~60年

チーム
  • 4月監督制廃止
  • 11月スタンレー杯の世界選抜チームに、林が日本人選手として初めて選出される
  • 12月2日トヨタ自動車を初めて破り、関西Aリーグ単独優勝
  • 1月6日第37回全国社会人大会で、初の決勝進出
  • 1月15日第22回日本選手権において新日鐵釜石が同志社大学を破りV7達成
  • 1984年12月2日トヨタ戦
    (ラック、モールで優位に立つ神戸製鋼フィフティーン。PR兼平、SH萩本の顔が見える。)
    このシーズンから神戸製鋼は、監督制を廃止した。1984年12月2日の関西リーグでは、19対16と、悲願のトヨタ自動車戦に勝利し、関西リーグ初の単独優勝を遂げた。

部長:徳田祥一 / 副部長:浅利 明
ヘッドコ-チ:安井 敏明 / コーチ:金崎 章、津高 誠一
主将:東山 勝英
1985年

昭和60~61年

チーム
  • 1月2日第38回全国社会人大会準決勝で、新日鐵釜石を破り、釜石V8を阻止
  • 2月英国へ遠征
  • 1986年1月2日の第38回全国社会人大会準決勝で、新日鉄釜石を13対9で破り、同チームのV8を阻止。しかし、続く決勝では、トヨタ自動車にスクラム攻勢をかけられ、3対12で敗れた。
    (FB下坂、CTB大山、WTB菅野、WTB岩崎、決勝トライを決めたCTB藤崎、SH萩本、No.8佐藤などの顔が見える。中央で目頭を押さえているのは、LO大八木)

部長:上村 隆 / コーチ:金崎 章
主将:東山 勝英
1986年

昭和62~63年

チーム
部長:上村 隆 / コーチ、マネージャー:金崎 章
主将:林 敏之
1987年

昭和62~63年

チーム
  • 4月ヘッドコーチ制を廃止 キャプテン中心のチーム運営に
  • 第1回ワールドカップに、林、萩本、大八木、平尾の4選手が日本代表に選出
  • 5月~6月第1回ワールドカップ開催(豪州・ニュージーランド)
部長:上村 隆 / 主将:林 敏之
BKリーダー:平尾 誠二
PAGE TOP