2022/11/01 チーム

10月29日(土)「リポビタンDチャレンジカップ2022」日本代表VSニュージーランド代表戦に具智元選手、山中亮平選手、李承信選手が出場しました。

10月29日(土)、国立競技場にて「リポビタンDチャレンジカップ2022」日本代表VSニュージーランド代表戦が開催され、具智元選手、山中亮平選手が先発、李承信選手がリザーブ入りしました。2018年秋の同カードにも出場している山中選手は「初めてフルバックで出場したテストマッチが、4年前のオールブラックス戦でした。あれからフルバックとして経験を積んできて成長していますので、その部分を試合で発揮し、日本代表の勝利に貢献したい」と述べ、李選手は「オールブラックスは、小さな頃からずっと対戦したいと思っていました。昔はオールブラックスにぶつかっていって、ボコボコにされたいと思っていたんですが、今は違います!勝たないといけない。試合に出たら勝利に繋がるプレーをしたい」とラグビー王国との対戦を心待ちにしていました。具選手は、このテストマッチが怪我からの復帰戦となります。夏の日本代表のテストマッチを見て、「焦りがあった」と話していましたが、チームのみんなや応援してくれるSteel Matesにプレーで恩返しできるように、その一心でリハビリをしたそう。

また、ニュージーランド代表のメンバー表には、2シーズン、神戸スティーラーズでプレーしたブロディ・レタリック選手の名前も。

試合前、ジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチは「オールブラックスは、クオリティの高いチームで、誰が出ても手ごわい。オールブラックスのフィジカル、パワー、スキルに対して、どう対抗するのか。セットピースを安定させて良いボールをバックスに供給すれば、フランス代表とのテストマッチのようにトライを奪える」と話していました。リザーブに入った李選手に対しては「途中から出場し、インパクトを残してほしい」と期待も。

これまで日本代表(世界ランキング10位)とニュージーランド代表(世界ランキング4位)の対戦成績は、06敗。歴史を変える一戦となるのか。国立競技場改修後最多となる65188人の観客が見つめる中、日本代表のキックオフで試合開始。オールブラックスのアタックに対し、日本代表はダブルタックルでプレッシャーをかけて、ミスを誘います。しかし、11分、ラストパスを受けたレタリック選手が自慢のスピードを見せ先制トライ。ゴールキックも決まり7-0に。日本代表は、19分、PG3点を返すも、26分、32分と立て続けにトライを奪われ、3--21。しかし、ここから日本代表が反撃の狼煙を上げます。37分、自陣22mライン付近で姫野和樹選手(トヨタV)が代名詞のジャッカルを決めると、そこからボールをつないで、最後は山沢拓也選手(埼玉WK)がキックをうまく使いながらトライをマークします。さらに、その3分後にも、日本代表はトライを奪い、17--214点差で折り返しました。勢いに乗る日本代表でしたが、後半2分、ニュージーランド代表の力強いプレーの前にトライを許し、17-28に。そして8分、山沢選手に代わって、李選手がピッチへと入ります。日本代表は良いアタックを見せるも、ミスや反則が出て、ディフェンスに転じる場面が続きますが、14分、自陣深くで、またもや姫野選手がジャッカルを成功させると、16分、ワーナー・ディアンズ選手(BL東京)がキックチャージしそのまま40m走り切りトライ!李選手のゴールキックも決まり、24-28

会場が騒然となる中で、ニュージーランド代表はすぐさまトライを返し24-35とするも、15分、危険なプレーでレタリック選手にレッドカードが出され、日本代表は数的優位な状況となります。大観衆の熱気に後押しされ、日本代表は、39分、FWの力強いプレーでゴールラインに迫ると、姫野選手がトライ!李選手のゴールキックも決まり、再び4点差に。残り時間はあとわずか!日本代表は、自陣から果敢にアタックを展開しますが、14人のニュージーランド代表の防御に対し、反則を犯すと、PGを決められ31-38でノーサイド。大金星をあげることは叶いませんでしたが、同カード史上最小得点差と健闘しました。

試合後、80分間フル出場した山中選手は「敗れはしましたが、次に繋がる試合でした」とひと言。「また良い準備をしてヨーロッパツアーに臨みます」と話していました。具選手は「8ヶ月ぶりの試合だったので不安もありましたが、楽しみの方が大きかったです。試合では、ジャパンのスクラムを組むことを意識していました。プレッシャーを受けたり、反則を取られたりすることもありましたが、オールブラックスを相手に良いスクラムを組むことができ、手応えを感じました。個人的に復帰戦で良いパフォーマンスができ、自信になります。ヨーロッパツアーでもチームの力になれるよう頑張ります」と笑顔でコメント。李選手は、試合後にレタリック選手から「元気?」と声をかけられたそう。「レッドカードが出たので落ち込んでいる雰囲気でしたが、声をかけてくれて嬉しかったです。キックオフ前、目の前でハカを見て萎縮するかなと思ったのですが、逆にオールブラックスに対し、どれだけできるのか、チャレンジできることが楽しみでワクワクしました。これまでは先発で出場する機会が多かったのですが、途中出場ということで、試合の流れを読んでテンポを上げることなどを意識し、自分のプレーを思う存分発揮することができたと思います。ただ、良い試合ではなく、勝つというマインドで、オールブラックス戦に臨んだので、勝てなかったことは悔しい。ここぞというところで、ミスが出たり、規律を守れなかったりしたことが要因だと思いますので、そこは練習中から意識しないといけないところだと思います」と要所でのミスや反則を悔やんでいました。最後にヨーロッパツアーに向けて「今日のオールブラックス戦で、自分たちがやってきたことは間違っていないと自信を持つことができました。イングランド代表、フランス代表ともに強豪ですが、今日の経験を生かして勝利できるようにしたい!」と力強く宣言。

日本代表は、ヨーロッパへと渡り、現地時間1112日、「ラグビーワールドカップ2023フランス大会」でも対戦する世界ランキング5位のイングランド代表と、20日には夏にも対戦した世界ランキング2位のフランス代表と戦います。

進化を遂げる日本代表とコベルコ神戸スティーラーズの代表メンバーの応援をよろしくお願いします!

ニュース一覧に戻る

PAGE TOP