普及・アカデミー

Harvest Global Presents神戸スティーラーズカップ2024を開催しました

5月18日(土)、19日(日)、灘浜グラウンドにて小学生のラグビー大会「Harvest Global Presents神戸スティーラーズカップ2024」を開催しました。

 

この大会は小学生ラグビーの普及および育成を目的とした試合機会の創出、そして選手自身の主体性を発揮できる環境を提供し、中学校進学後もラグビーを続けるきっかけ作りを目的としております。3回目となる今年はハーベスト グローバル合同会社にご協賛いただき大会を開催いたしました。

 

参加チーム(18チーム)
明石JrRC、芦屋RS(Red、Black)、尼崎RS、神戸伊川RC、加古川RS、川西市RS、北神戸RC、甲子園チビッ子RC、神戸少年RC、三田RCJr、高砂RS、宝塚RS、西神戸RS、西宮ラグビー少年団、姫路RS、兵庫県RS(Red、White)

 

この大会では選手の主体性発揮と試合機会創出のため、特別ルールとして、以下の3つを定めました。

 

  1. コーチ・保護者は2日間にわたり、怒ること・プレーの指示は絶対に禁止。
    ※選手がラグビーの5つのコアバリュー「品位・情熱・結束・規律・尊重」に反する行動をとった場合、各チームで指導して頂きます
    ※試合中・ハーフタイムでの選手交代の指示はOK
  2. 試合前、試合中、試合後の全ての場面で怒声や罵声、指示を発した場合は退場処分とする場合があります
  3. 各選手に各日ともに、1日20分以上のプレータイムを必ず与えること

 

また、所属人数の多いチームは複数チームのエントリー、6年生のみでチーム編成が困難な場合は5年生に協力してもらうなど神戸スティーラーズカップならではのルールを設けて参加していただきました。

 

1日目は、6チームを3つのリーグに分け、ファーストステージを実施。

1試合あたり12分1本で勝負が決まる独特なルールを採用していることもあり、どのチームも試合スタートから積極的なアタックを展開するラグビーを見せてくれました。

2日目は、ファーストステージの結果から1・2位グループ(カップ)、3・4位グループ(プレート)、5・6位グループ(ボウル)の3つに分け、各リーグでの優勝を目指し、ファイナルリーグを実施しました。

実力が拮抗したチーム同士、僅差の試合が多く、白熱した試合に会場は大変盛り上がりました。

カップリーグは1日目・2日目ともに無敗で勝ち上がった芦屋RS Blackチーム、プレートリーグは2日目を4勝1分とした西宮ラグビー少年団、ボウルリーグは2日目全勝の神戸少年RCがそれぞれ優勝を勝ち取りました。

 

2日間の大会には、コベルコ神戸スティーラーズの選手が参加し、昼休みにサイン会&写真撮影会を実施し、試合後など子供たちのジャージにサインをするほか、一緒に写真を撮るなどファンサービスを行いました。

また、大会の参加賞としてハーベストグローバル合同会社よりファミリーマートのカレー、キャディ株式会社よりキリン ソルティライチを参加賞として選手全員に贈呈、くら寿司株式会社より全参加チームにくら寿司お食事券を贈呈頂きました。

 

2日間にわたり参加頂きました各チーム、コーチ、保護者、試合運営にご協力頂きましたレフリー、大会スタッフの皆様ありがとうございました。

コベルコ神戸スティーラーズは、これからもラグビーの魅力を感じてもらうとともに、未来の日本ラグビー界を支える人材の育成に貢献していきます。

 

【ハーベストグローバル合同会社 松原CEOコメント】
神戸スティーラーズカップで一緒にプレーをした、同じチームだけではなく対戦チームのメンバーとの友情を大切にこれからもラグビーを楽しんでください。将来は、神戸スティーラーズの選手、ラグビースクールの指導者としてこの大会に戻ってきていただけることを期待しています。

【普及・アカデミー担当 長崎スタッフコメント】
2日間に渡り、多くのチーム・関係者の皆様にご協力いただき開催することができました。子供たちが一生懸命プレーする姿、トライをチーム全員で喜ぶ姿、悔し涙を流す姿など心打たれる場面が多々あり、ラグビーが持つ力を改めて感じることができました。大会に出場した子が1人でも多く、将来、神戸スティーラーズに入団してくれることを願っております。

「スティーラーズカップ2024」順位表

loading