インフォメーション

5月22日(日)NPO法人ヒーローズ震災支援プロジェクトに正面選手が参加しました。

2011.05.30更新

コベルコスティーラーズOB林敏之氏が理事長であるNPO法人ヒーローズの震災支援プロジェクト、『ONE FOR AII ALL FOR ONE いまこそラグビー精神だ!震災支援チャリティイベント』が5月20日~22日の3日間、大阪心斎橋スポニチプラザで行われ、21日15時からのトークイベントにコベルコスティーラーズから正面選手が参加しました。この日はコベルコスティーラーズデイということで13時からのトークイベントにはOBの大八木淳史氏も参加されました。

大学、社会人とも先輩に当たる林理事長とのトークに緊張気味でイベントがスタート。まずは、ラグビーを始めたきっかけから始まり、学生時代、トヨタ時代~コベルコスティーラーズの話、「ラグビーとは?」という難しい質問まで盛りだくさんの内容で、なごやかにトークは進みました。

終盤、林理事長からの『じゃあ最後に、「今年の神戸製鋼について」と「プレイヤー正面としての抱負」と、「ラグビーを通じての夢」について聞かせて』という無茶振り?に、『つめこみましたねー(笑)』といいながらも、「今年の神戸製鋼は去年のいい土台を生かして今年はさらに勝ち進みたい。プレイヤーとして、今年は怪我なく全試合出場できるように力をつける。夢は、とにかくラグビーが好きで、ラグビーをする事が楽しいので、プレイヤーとして1日でも長く続けていきたい。」と答えました。

その後、質問コーナーではマニアックな質問から、セブンス頑張ってくださいという激励など、参加者の皆さんとのコミュニケーションも取ることができ、約1時間半のチャリティトークイベントは和やかに終了しました。